tetsu's press vol. 017

中文翻译 by 珊璞

 

SOLO活动大忙碌中!的本月,主要介绍对录音和摄影用的录音工作室里喜欢的东西。自己身边,很意外的也有很多值得玩味的东西呢!

1、Marc Newson的设计之一
照明的调节开关,难道不是很不错吗?这个是安装在由活跃在英国的名叫Marc Newson的设计师负责室内装修的工作室墙壁上的。日本的建筑物哪里都是些普通的开关,像这样关注到这种细节上的很少。当然,设计师就是做设计的,这样做也是很自然的事,但是真是很细心啊。工作室本身的设计比较简洁,但是整体来说很可爱呢。

2、Marc Newson的设计之二
同一个Marc Newson设计的工作室里的椅子。这个银色的和另外一种黄绿色的一共摆了好几把。表面软乎乎的感觉很舒服,大概是专门为这个工作室设计的吧。其他的从坐台到桌子都是很好的设计。有着这种关注细节而设计出来的空间的工作室,我没办法不喜欢呢。特别这个是我欣赏的那种品味,非常好的设计。

3、某天某时可能就用上了……
美国的Glover Jackson牌子的吉他。现在已经停止生产了,发售的时候也限量发售的。这个是偶然发现的,觉得在拍写真的时候可能用得上。我在某些地方很讲究打扮,想着日后拍PV或者艺术照的时候想要表现那种空间感的时候用这把吉他会很适合。无论是琴体的形状还是音位的标识都很有未来感。不久后,可能就会用上了,或者就这样把它忘了也说不定(笑)。

4、这个,好像是医护用品来的哦
这个是某摄影工作室的鞋拔。刚看到的时候还在想到底是谁的设计呢,问了摄影室的人才知道原来是医护用品来的哦。不用的时候就这样立起来放着,不用每次要用的时候都要弯腰去拿,真是很方便呢。而且,底部做成M字形,可以用来把远处的鞋子勾到手边。实际上我也用来试试看了,觉得真的是考虑得很周全。外形设计也很有意大利的风味,我也想买一个了。

5、常常收到这样的礼物哦……
把头摁下去眼睛就会变成笑眯眯的,牙齿间有点心掉出来的柠檬样子的家伙。我觉得很可爱,但恐怕父母是不会给孩子买这种东西的呢(笑)。那个点心,还蛮好吃的,总觉得是第一次吃到这样的味道。但是,如果吃光了那可怎么办(笑)。这个也是别人送的,可能是这种玩具似的东西不知怎的就是很符合我的形象吧,常常收到呢。很开心。小心地在家里好好的摆着。

-------------------
珊璞的口水:

背景资料1
Marc Newson,1963年生于悉尼,在悉尼艺术大学学习雕塑。1986年设立POD设计工作室,87年到91年以东京为据点进行活动。之后在巴黎开设工作室,为不少知名品牌做设计,94年和Oliver Ike在瑞士共同创立Ikepod 钟表公司。97年后据点移到伦敦并设立自己的Marc Newson公司,进行范围广泛的设计。接受来自欧洲、北美和亚洲等地顾客的定制,从钟表、椅子、自行车、玻璃器皿设计到餐馆、录音工作室、私人喷气式飞机的内部装修等等等等都有涉及.?
–-佩服得五体投地。年轻(现年41,不老的,照片上也很帅!@@),多金,才华横溢的设计师。

背景资料2
tetsu提到的工作室,应该在东京都内的麻布,是在东京的英国音乐制作人Nick Wood的录音工作室。Nick Wood 87年到日本开展活动,为中森明菜等提供乐曲。91年在日本设立SYN录音室品牌,为广告,电影制作音源,同时也从事录音制作。以个人名义支持日本足球队而制作的歌曲[PASSION]大受欢迎。

Thanks Yui for the pic

日文原文

tetsu's press vol.017(2002/10/5掲載)

マーク·ニューソンデザイン 1
電気の調光スイッチなんですけど、かっこよくないですか? これはイギリスで活躍するマーク·ニューソンっていうデザイナーが内装をデザインしたスタジオの壁についていたものなんですね。日本の建物ってどこでもたいてい普通のスイッチで、ここまでデザインされたものってなかなかないでしょ。まあ、デザイナーがデザインしてるんで当たり前っちや当たり前なんですけど、細かいなあと思って。スタジオ自体のデザインは比較的シンプルなんだけど、全体的にすごくかわいいんですよね。

マーク·ニューソンデザイン 2
同じくこれもマーク?ニューソンがデザインしたスタジオにあったイスです。このシルバーのやつともう一色、黄緑色のやつが色違いで何脚も置いてありました。表面はふわふわしてて柔らかい感じで、たぶんこのスタジオのためにデザインされたものっぽいです。他にも床からテレビがいくつも生えていたり、ちょっとした机とかもしっかリデザインしてあったりして。こういう細部までデザインされた空間っていうのはスタジオに限らず好きなんですよね、僕は。特にここは自分の好きなティストだし、すごく良かったです。

いつかどこかで使うかも···
アメリカののクローバー?ジャクソンっていうメーカーのギターです。これって、もうつくられてないし、売られてた当時もそんなに数が出てなかったと思うんですよ。で、たまたま見つけたから、何かの撮影に使えればと思って。僕はスタイリスト的なところもあるんで、今後PVとかアー写なんかでスペイシーな格好をするときにこのギターを使ったら合うかなって思ったんですよね。ボディの形やポジションマークが未来的なデザインだし。この先、もしかしたら登場するかもしれないし、使わずに忘れちやうかもしれません(笑)。

コレ、介護用品らしいんですよ
これは某撮影スタジオにあったクツヘらです。最初に見たときに、誰かのデザインものなのかなって思ったんですけど、スタジオさんに聞いたら実は介護用品らしいんですよ。使わないときは立てたまま置いておけるし、いちいち屈まないで使えるっていうところもすごく便利ですよね。さらに、下のM字になっているところは遠くにあるクツを引っ掛けて手元に寄せるために使うらしいんですよ。実際、僕も使ってみましたけど、考えられてるなあって思いました。デザインがすごくイタリアっぽいんで、僕も買おうと思ってます。

こういうのも、よくもらうんですよ···
頭を押すと目が笑った状態になって、歯の聞からお菓子が出てくるんですよラムネみたいなやつが。僕はかわいいなあって思いますけど、親ならちょっと子供には与えたくない感じのキャラですけどね(笑)。お菓子はね、けっこうおいしいんですよなんか食感が初めてな感じで。でも、なくなったらどうすればいいんですかね(笑)。これももらいものなんですけど、こういうおもちやっぽいものってどうやら僕のイメージに合ってるらしく、よくもらうんですよね。うれしいです。ちやんと家に飾ってありますよ大切に。