tetsu's press vol. 007

001、003翻译by techiko;002、004、005翻译by 珊璞

 

001. Premium的米老鼠(米奇)?吉他?
NUMBER(N)lNE的米老鼠?吉他。全黑色的、拾音器的地方有印著米奇的黑色輪廓。
限定99隻、我的流水編號是第13號。真是69號的話就太好了、但是因為被人拿走了、
那就心想把這個不吉的數字看作是好的吧(笑)。是不是Premium的已經很多了呢、在網路拍賣的地方常常可以看到。
跟米奇的東西比起來、是因為我很喜歡的NUMBER(N)lNE出了吉他,這點才是我買的理由。
琴頭的部份上印有?MICKEY?的文字在。位置標記那邊也印有星星在、對於喜歡星星的我來說是一大重點

003. Porsche?設計的收音機
接下來是收音機。這個是Porsche設計的、很帥氣吧。
機身的部分不僅是我很喜歡的金屬製、還有革皮覆蓋著、雖然如此還是很雅致的感覺。
把格皮翻開將內側彎曲折起的話,收音機就能立起來變的像檯燈一樣。
雖然是在紐約買的、但我覺得價格沒有那麼貴。
想說日本的廣播可能沒辦法收音吧、但實際一聽後發現還可以聽就覺得有點高興呢。
旋鈕是數字鍵造型的也非常罕見,很喜歡。
這是一個叫GRUNDIG(グルンディッヒ)的品牌所出產的東西。專門製造音響之類的德國品牌

002. 这张脸很可爱吧
这是洗碗用的刷子
这集介绍乐器相关的东西太多,让我们谈点别的(笑)。是刷锅洗碗用的刷子呢。虽然还没怎么用过,“用用看吧”这样想着买下来的。很可爱的脸吧(笑)。其实有各种各样的脸谱,毛和木头部分的颜色也都不一样,但整体来说这个很别致。是在日本买的,但我想多半是国外的东西。这么可爱,让人爱不释手。旁边放着的洗涤剂也是国外的东西,但他们看起来有点拘泥(笑)。
(图文:名字就决定叫作“有村君”了。是朋友养的龟的名字(笑)。)

004. 不能使用的GUCCI的Pick
GUCCI连Pick都出哦! 事实上甚至连吉他也有呢。这个是生日的时候一个歌迷送的。包得严严实实的GUCCI的盒子里放着一个布袋子。“是什么啊?”这样子想着,打开一看里面是枚Pick(笑)。形状是普通的泪珠状,感觉却蛮厚实的。不是那种吉他弹奏风格明朗的人造的吧(笑)。表面上还有刻着GUCCI的商标。这个是不能拿来用的哦。我会好好的珍藏的。
(图文:我很喜欢GUCCI哦。有钱包呀钥匙圈呀等小东西。这么说起来的话,这个Pick多少钱呢(笑)?)

005. 世界仅有的一把。赠送的Bass
这个是我非常喜欢的DEAD END的 CRAZY COOL JOE先生 送我的Bass。是JOE先生从地下时期就开始使用的乐器。当时还是个高中生的我在杂志上看到这个的时候就想 “这个贝斯好酷!”。得到它我真的很感动呢。世界上独一无二的一把,非常珍贵的东西来的。实际上,至今上我还没有机会跟他当面道谢呢。那么,让我借这里说声谢谢……真的可以给我吗?嗯,都已经拿到手了的说。真的很感谢(笑)。
(图文:这个还经过特别的改造,漆面是JOE先生亲自涂的,是身为FAN的我不配使用的珍品。)

图片来源:kawailarc.com

日文原文

tetsu's press vol.007(2001/12/5掲載)
プレミアもののミッキーマウス?ギター
NUMBER(N)lNEのミッキーマウス?ギターです。真っ黒で、ピックガードのとこがミッキーのシルエットになってます。限定99本で、僕のシリアル?ナンバーは13番。本当は69番がよかったんだけど、取られてたんで、じゃあなんか不吉な数字がいいなって思って(笑)。もうかなりプレミアがついてるんじゃないでしようか、ネット?オークションとかでは。ミッキー物というよリは、僕の大好きなNUMBER(N)lNEがギターを出したってとこが?買い?の理由ですね。
ヘッドの部分に?MICKEY? って文字が入つてます。ポジションマークが星になってるのも、星好きな僕にとっては大きなポイント

いい顔してるでしょ?食器洗いのタワシです
今回は楽器ネタが多いんで、ちょっと外してみました(笑)。食器なんかを洗うタワシですね。まだ使ってないんですけど、使おうかなと思って買いました。いい顔してるでしょ(笑)。顔が何種類かあったり、毛とか木の部分の色違いとかもあったんですけど、これが全体的にシックでよかったんですよね。日本で買ったんですけど、きっと海外のものじゃないかな。こういうどうでもいいとこにも手を抜かないんで。横に置く洗剤なんかも海外ものにしたりして、けっこうこだわってます(笑)。
名前は?有村くん?に決めました。友達が飼ってた亀の名前から(笑)

ポルシェ?デザインのラジオです
次はラジオですね。これはポルシェ?デザインなんですけど、かっこいいでしよ。ボディは僕の大好きなメタリックだし、革製のカバーがついてるんですけど、それがまた渋い感じ。カバーを開けて裏側に折り曲げるとラジオを立てるスタンドになるんですよ。ニューヨークで買ったんですけど、値段はそんなに高くなかったと思います。日本のラジオは入らないと思ってたんだけど、実際はちやんと聴けたのでちょっとうれしかつたですね。チューナーがテンキー式ってのも珍しくて好きです。
GRUNDIG(グルンディッヒ)というメーカーのもの。スピーカーとかを製造してるドイツのメーカーらしいです

なかなか使えないグッチのピック
グッチはこんなピックまでつくってるんですよ! 実はギターも出してたりするんですけどね。これはファンのコから誕生日にもらったんですけど、グッチのしっかりした箱の中に布の袋が入ってて、?なんだろう??と思ってたら、その中にピックが1枚入ってて(笑)。形は普通のティアドロップなんですけど、ちょっと分厚い感じ。あきらかにギターを弾く人がつくってないなっていうか(笑)。表面にはグッチのマークが彫ってあるし、これはなかなか使えませんよね。大事にしてます、ハイ。
グッチは好きですよ。財布とかキーホルダーとか小物をもってます。それにしてもこのピック、いくらするんだろう(笑)?

世界に1本しかない、もらいもののベース
これは僕の大好きな、DEADENDのべーシストCRAZYCOOLJOEさんからいただいたベースです。」JOEさんがインデイーズのころから使ってたやつなんですけど、僕は当時高校生で、雑誌見ながら?かっこいい、このベース!?つて思つてたものなんで、それをもらっちやって感激っすね。世界に1本しかないものなんで、まさに宝モノです。でも実は、まだ本人にはお礼が言えてないんですよね。なので、この場を借りてお礼を…ほんとにもらっていいんですか? もう、もらっちやいました。ありがとうございます(笑)。特別な改造がしてあったり、ペイントはJOEさん本人がしていたりと、ファンの僕としてはたまらない逸品ですね